バイクのマフラーをネットで買う場合

電化製品や食品、家具や雑貨など、色々なものがインターネット上のECサイトで買える時代になりましたね。
それはバイクや自動車の部品も例外ではありません。
車好き、バイク好きな人々にとっては、改造やカスタムのチャンスが大きく広がったことになり、インターネットの恩恵を存分に受けていることになります。
いつでもどこでもインターネットにさえつながっていればマフラーやホイールなどのパーツが購入できるこうした状況で、まだ実店舗で買うべきでしょうか。
様々な意見があると思いますが、私個人としてはその答えは「イエス」です。
インターネットで現物に関して書かれた説明文や撮影された画像を見ても、質感や気筒の中身まではわからないからです。
また、インターネット上ですと気になることがあってもメールやチャットで連絡をとるしかなく、顔がわかないこともあり無味乾燥なやりとりになりがちです。
「行きつけ」や「お得意様」といった言葉があるように、実店舗なら現物を直接見ることができるのはもちろんのこと、相談ついでにバイク談義に花を咲かせたりして、相手の人となりも知ることができます。
そうした中での新たな発見(欲しかった他のパーツや知らなかった知識など)もあるでしょう。